草いちご


麦わら帽子 長靴 竹かご 長い棒

六月梅雨の晴れ間 母といちご摘み


いちご摘みは裏山の中腹

古井戸の跡 焼夷弾の穴 少しずつ進む

虫にも蛇にも気を付けながら

長い棒で草をつつきながら歩く

災いをはらう力 棒はもっている

自然の中に入る時は注意怠りなく


赤く光る草いちご

指先で触れるとポロリ

小さな手を開いて落とさないように


奈良のお寺で蓮の飴を売っていた

蓮の香りは極楽浄土への道しるべ

生きているうちに蓮の香りを覚えて

命尽きる時に蓮の香りに導かれて極楽浄土へ

坊守さんのお話し


私は

草いちごの香りで母のもとに行くのがいい





目次「ものかたり」

無断転載禁止 / 违者必究 / All Rights Reserved.