編笠百合


春先 

すでに立ち上がっているのは編笠百合


編笠百合は花も葉も地味な緑

立ち上がるタイミングがすこぶる早く

名のある花に間違われ ちゃっかり庭に居座る

六弁の花びらに『編笠』を思わせる柄

うつむき咲く姿は『編笠かぶり』


スウェーデンの植物学者『ツンベルク』さんは

この花に『フィティラリア』という名をつけた

サイコロの筒 

サイコロ遊びが身近な人だったのね

六つのおしべの中央に長いめしべが伸びてくる


中国名は貝母『バイモ』

カシューナッツを合わせたような球根の姿

二枚貝に見えたのかな


花韮や庭石菖と仲良し

花韮や庭石菖が草刈り機やられていくのとは対照的に

編笠百合は準備万端怠りなく立ち上がって春を待つ

起立 礼


葉が蔓のかたち 蔓を伸ばして隣と肩を組む

手を取り合って春風にダンス


調べてみたら漢方薬

中国から渡来した波乱万丈の過去をもつ

姿は地味だが役に立つ





目次「ものかたり」

無断転載禁止 / 违者必究 / All Rights Reserved.